キッチンは料理をする場所にとどまらず、最近では家族の集まる場所として考えられることも多くなりました。その一方で料理に集中したい方もいます。ご家族のスタイルに合ったキッチンプランを考えましょう。

【独立型】
他の部屋との間を壁で仕切り、調理作業の専用スペースを設けるスタイル。炊飯器や電子レンジ、コーヒーメーカー、トースターなどの調理家電もすべて独立型キッチンの中に配置し、リビングやダイニングとは明確に用途を分けることになります

《メリット》
・来客の目を気にせず、料理ができる
・匂いや音が他の部屋に回りにくい
・独立した空間として、全く違うインテリアを楽しめる

《デメリット》
・調理中に家族の様子が分かりづらい
・配膳や片付けの動線が長くなりやすい
・キッチンのみで一部屋なので広いスペースが必要

【壁付け型】
シンクの前面が壁に接するスタイル。外壁に面する場合は窓を設けて外の眺めも堪能できます。ダイニングテーブルを作業台として使ったりでき、ダイニングまでの動線が短く省スペース。

《メリット》
・ダイニングとの動線が最短
・ダイニングスペースが広く取りやすい

《デメリット》
・リビングと続き間だとまるみえ
・家族には背中を向けての作業
・冷蔵庫や収納棚の配置に注意が必要

【対面式】
近年で最も多いスタイル。リビングに向けてキッチンを配置するのでリビングが見渡せます。垂壁を付けてキッチンの手元を隠すセミオープンタイプやオープンにするタイプなど様々。

《メリット》
・料理中も家族と向かい合って会話ができる
・家族が料理の手伝いをやりやすい

《デメリット》
・調理中の音がリビングに聞こえやすい
・通路の幅を注意しないと使いにくいキッチンに

階段は廊下と同じく異なった機能を持つ部屋同士をどうつなげるのか、とても重要な役割をはたします。また階段はその種類や位置によって間取りに大きな影響を与えるキーポイントになります。

【リビング階段】
階段をリビングの中に取り入れて2階の個室へ行くためには必ずリビングを通らなければならない様になっている階段。

《メリット》
・外出、帰宅が分かりやすい
・上下の階でコミュニケーションが取りやすい

《デメリット》
・冷暖房が利きにくい
・音や匂いが回りやすい
・急な来客に対応しにくい

【独立した階段】
2階に上がる階段をリビングの外へ配置した階段。玄関ホールや廊下などに隣接させるのが一般的

《メリット》
・リビングで落ち着いて過ごしやすい
・来客時などにプライバシーを確保しやすい
・音や匂いが回りにくい

《デメリット》
・2階の様子が分かりにくい
・急な来客に対応しにくい

玄関収納と言えば壁付けの下駄箱が一般的ですが、最近多くの方が取り入れているのがエントランスクローゼット。玄関から直接使える収納スペースです。

【壁面収納】
靴を中心に収納できるシューズボックス型の造りつけの収納です。メーカーごとに様々なデザインや機能を備えたものもあります。

《メリット》
・最小限のスペースで収納できる
・プランを選択して家族構成に合う商品にできる

《デメリット》
・収納できるもの限られます

【エントランスクローゼット】
玄関から直接行き来できる収納スペース。ベビーカーやアウトドア用品などの外で使うモノやコートなどもまとめて収納したりと使い方はご家庭ごと変えられます。

《メリット》
・ベビーカーなどもすっきり収納

《デメリット》
・スペースをとるので間取りへの影響大

資料請求